【注意点も】アカナドッグフード裏表なしの本音の口コミ|リニューアル後の評判

アカナドッグフードを購入する前に、愛犬に合うかどうか気になって、口コミをお探しではないでしょうか?

我が家の愛犬2匹に食べさせてみて本音で良い点や悪い点を語ってみます!

あみちゃん

子犬くん

美味しいごはんだといいな…楽しみ!

アカナアダルトスモールブリードの成分から安全性などを評価していきます。

実際に使われた人の口コミも挙げていきます。

アカナを愛犬2匹に試した感想

アカナドッグフードは以前穀物が入っていましたが、最近リニューアルされてグレインフリーになりました。(クラシックからヘリテージにリニューアル)

アカナには種類がたくさんありますが、今回はリニューアル後のアカナアダルトスモールブリードを愛犬2匹に試してみました。

モニターは小型犬ミニチュアダックス12歳10か月メスと、超小型犬トイプードル5歳10か月メスです。

パッケージには原材料は細かく表記|ジッパーをつけてほしい

アカナのパッケージはいきなり英語表記です。

肝心な部分である裏面は日本語でも書かれています。

ただ給与量が少々大雑把すぎる印象が否めません。

体重が4パターンしかなく、それ以外は最初に綿密に計算しなければなりません。

原材料は大変細かく表示されています。

ナチュロル同様原材料に「新鮮」を連呼しています。

開封すると自力で留めておく必要があるので、これが不便です。

改良を望みたい点です。

粒は超小型犬には少し大きく感じるかも

アカナの粒は円形でやや大きく感じます。

特に大粒ではないのですが、犬たちに小粒傾向のフードを食べさせてきたせいでしょう。

また少しだけですが油っぽいかもしれないと感じました。

ギトギトするほどではないのですが、少し気になる手触りです。

直径は1cmありました。

ただ5mmと厚くはありません。

大きさとしては我が家にいる超小型のトイプードルの口には少し入りにくいかもしれません。

かなり口が小さい犬です。

食いつきは良し!そして満腹感がある?

まず大食漢のミニチュアダックスに食べさせてみました。

給与量が少ないフードを食べさせるとあとでお腹を鳴らして大騒ぎする犬です。

猛スピードで食べてしまうこの犬も少し時間がかかりました。

やはり少し粒が大きいようです。

完食したあと一応おかわりをもらえないかという顔はしていますが、いつものような騒ぎ方はしません。

給与量は少ないのですが、なぜか空腹感がないようです。

粒の大きさのせいか原材料の何かが関係しているのか理由は不明です。

シニアの大食漢ミニチュアダックスに量を減らして食べさせたのですが、お腹持ちがよさそうです。

少食で偏食のトイプードルの番です。

かなり苦労しながら小さい口で食べていますが、嫌がる様子は見せていません。

味をとても気に入った様子で時間をかけて完食しました。

2匹ともに粒が大きくて時間がかかった

少々食べにくい大きさだったようで、食べるのに時間がかかりました。

いつも10秒で食べてしまうミニチュアダックスは、程よい大きさの粒をゆっくり食べさせることの方がむしろ良いことかもしれないと思いました。

ミニチュアダックスは高齢でも歯が丈夫ですが、里子として迎えたまだ若いトイプードルのほうが家に来たときから前歯が欠損しています。

トイプードルはそういった理由でどのフードも食べにくそうなので、アカナを食べるのにかなり時間がかかったのもそれがあると思います。

ただ食べにくい犬は少なくないかもしれません。

食器にカスが残っていたので、手触りが油っこく感じたのは錯覚ではないようです。

アカナアダルトスモールブリードの成分から安全性を徹底評価

【総合評価チャート】

アカナの成分分析と評価

気になるものは赤字で書いています。赤字がない場合は、気になるものは無いという意味です。

新鮮鶏肉(12 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(12 %)、赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、鶏脂肪(5 %)、新鮮鶏臓器, (レバー、ハツ、腎臓)(4 %)、ニシンミール(4 %)、新鮮全卵(4 %)、新鮮丸ごとカレイ(4 %)、ニシン油(2 %)、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨(1 %)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

添加栄養素(1kg中):亜鉛キレート:100 mg

 

総得点 100点
4D(副産物) 無添加
人工着色料 無添加
人工保存料 無添加
穀物 無添加
人工添加物 無添加
塩・砂糖 無添加
酸化防止剤 ◎(ビタミンE)
ライフステージ 製品による
メイン食材 鶏肉、鶏肉ミール
参考価格 2,700円/1kg
原産国 カナダ
カロリー 351kcal/100g

 

満点 減点数 個数 得点
4D,動物性油脂 25 5 0 25
赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号 25 5 0 25
保存料(ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、没食子酸プロピル、エトキシキン) 15 3 0 15
甘味料(ソルビトール、ビートバルブ、コーンシロップ、グリシジン・アンモニエート) 15 3 0 15
穀物(米、小麦、大麦、トウモロコシ) 10 2 0 10
食塩,砂糖 10 2 0 10
総得点 100

総得点100点

(↑この点数は成分の安全性のみの評価点です。たんぱく質量などを含めた総合評価は上のレーダーチャートをご確認ください。)

人工的なものが無添加、リニューアルによりグレインフリーとなり、高得点となりました。

栄養成分

タンパク質 31%
粗脂肪分 17%
粗灰分 7%
繊維 5%
水分 12%
カルシウム 1.4%
リン 1.1%
オメガ6 2.6%
オメガ3 1%
DHA 0.3%
EPA 0.3%

一日あたりの価格評価

運動量が控え目な成犬を参考とします

スクロールバーが出ている場合は横にスクロールできます⇒

給与量の目安と一日当たりの単価
体重 2kg 5kg 7kg 10kg
給与量(/1日) 30g 60g 90g 120g
価格
(/1日)
81円 162円 243円 324円

アカナアダルトスモールブリードのおすすめポイント2つ

肉が60%を占め高いタンパク質を供給、野菜や果物でビタミンなどを補給する

アカナアダルトスモールブリードの原材料における肉の割合は60%と高く、市販ペットフードの約2倍という数字をたたきだしています。

このためアカナアダルトスモールブリードは30%を超える高タンパク質であり、活発な成犬の健康を維持します。

肉でタンパク質を、レバーや腎臓でビタミンをミネラルを、軟骨でカルシウムとリンを供給します。

原材料には新鮮な果物と野菜などが使われており、これがビタミンなどの栄養素を補給しています。

 

全ての栄養素を原材料で摂取できるといえるほど、バランスがとれた原材料と栄養分です。

合成サプリを配合して栄養成分を加える必要がない、優れたドッグフードです。

唯一人工的に添加されているのは、原材料で補給できなかった亜鉛のみです。

立ち位置としては同社のオリジンドッグフードが兄貴分に当たるのですが、このクオリティでオリジンより手に取りやすい価格として発売されたこともありがたいですね。

人工添加物や穀物、副産物を使用していない

アカナアダルトスモールブリードは人工添加物が使用されていない無添加フードです。

またリニューアルに伴い、以前は使用されていた穀物のスチールカットオーツが除去され、グレインフリーとなりました。

そのためラインナップが変更され、穀物を使ったクラシックがなくなり、アダルトスモールブリードはヘリテージに変わっています。

このため穀物に敏感な犬にも安心なフードになっています。

また鶏肉ミールや七面鳥肉ミールなど、○○ミールと呼ばれる材料を使っていますが、公式で副産物を使っていないことが明記されています。

犬にとって安心な材料が使われていることが分かっているので、リニューアル後さらに安心感あるドッグフードになったと思います。

アカナアダルトスモールブリードの気になる点3つ

粒が大きめで小型犬は食べにくい

1cm程度とはいえ、口が小さな小型犬や超小型犬はやや食べにくいサイズです。

これは我が家の犬で目にしていますので、同じサイズの犬はやはり食べにくいのではと思います。

噛む力が弱く喉に詰めやすい犬は、少し水分を加え、ふやかして食べるほうがいいかもしれません。

材料に豆類が多い

すぐにアレルギー源となるとは限らないのですが、材料に豆類が何種類も入っています。

豆類に弱い犬は注意したほうがいいでしょう。

特にレンズ豆など一般的に犬には使いそうにはない豆が入っています。

このドッグフードを食べることで初めて犬の口に入る豆が出てくるのではないかと思います。

他の豆が平気でも体質によっては、最初は少し慎重に与えたほうがいい犬もいるかもしれません。

豆に関して心配な場合、アカナアダルトスモールブリードを与える前に、獣医さんに相談なさってください。

やはり少々割高感はある

兄貴分オリジンよりは割安のアカナアダルトスモールブリードですが、やはり安価とはいいがたいフードです。

大変良いフードと感じられるのでコスパとしてはまずまずと思えますが、すぐに手が伸びるという安い価格帯ではありません。

愛犬に合い、健康維持ができると判断できれば程よい出資ですが、それは人によりますから難しいところですね。

アカナアダルトスモールブリードを与えた人の口コミと評価

【良い口コミ】

・食いつきや毛艶が良くなった

・口臭がなくなって便の状態がよくなった

・大喜びで食べる

・消化不良でよく吐いていたけど吐かなくなった

【悪い口コミ】

・大きくて喉につかえる

・粒が大きくて食べにくそう

・2匹のうちあっさりしたフードが好きな犬は食べない

・油っぽく感じるし犬も口に入れたあと出してしまった

・食べなくなった

・下痢や軟便になったのでうちの犬には合わなかった

・涙やけが頻発するようになった

・穀物不使用のアカナに変えたらお腹を壊す頻度が高くなった

 

食べる食べないが分かれるのは一般的ですね。

お腹の調子に関しても分かれているようです。

吐かなくなったという犬がいる一方、下痢や軟便になったお腹を壊すようになったという犬もいます。

涙やけが頻発するという声もあります。

これらはタンパク質が高めのフードが合わなかったということかもしれませんね。

粒が大きめで食べにくいという声は多めでした。

まとめ

アカナアダルトスモールブリードはリニューアルされたことで、唯一の難点の穀物が除去された、非常に優れたフードといえます。

多くの原材料で豊富な栄養成分が供給されることで、人工的なものが亜鉛以外に入っていない、言いかえれば不足している亜鉛をしっかり補給してある安心できるドッグフードということですね。

ただ何故か普段は使わない種類の豆類までが数種類加えられています。

豆に弱い犬にはこのドッグフードは使えません。

高タンパクであることで、成犬期のケアに安心ですが、高タンパクフードに敏感な犬には合わないといえますね。

お腹を壊したり涙やけを起こす犬がいるのは、そのためかもしれません。

アカナには非常に多くのラインナップ製品があるので、愛犬に合う製品を探されてみてもよいのではないでしょうか。

個人的にはもう一回り小粒であればと感じます。

自社キッチンを使い、品質管理を重要視した良いドッグフードであると思います。

⇒公式サイトを見てみる[/btn]