カナガンドッグフードの口コミを本音で書く!悪い点や安全性評価も

カナガンドッグフードの口コミを読んでいると良い口コミも悪い口コミもあるので、どれが本当なのか迷ってしまいますよね。

我が家の小型犬2匹に実際に食べさせてみて、本音で感じたことを裏表なく書いてみます。

あみちゃん

子犬くん

美味しそうだけど大丈夫かなぁ。

また原材料や成分を分析して安全性を評価しつつ、実際に使った人の口コミや評判を挙げていきます。

カナガンドッグフードを愛犬2匹に試した感想

カナガンドッグフードはチキンを主原料としており、子犬や小型犬でも安心して食べることができるとされるグレインフリーフードです。

我が家の愛犬2匹、12歳9ヶ月のミニチュアダックスと5歳9ヶ月のトイプードルに、カナガンドッグフードを食べさせてみました!

パッケージの詳細な説明が親切

まずパッケージがシンプルなのに、とても高級感があります。

 

グレインフリーの表記など、表面が英語です。

よく見ると給餌量などはパッケージの脇に詳細説明されていて大変親切です。

成分なども細かく書かれています。

「カナガン」はオオカミを意味する言葉だと書かれています。

犬が必要とする栄養素が、祖先であるオオカミと大きな変化がないというコンセプトで作られているようですね。

これが肉類を多く含み、グレインフリーにするドッグフードの考えの基本となっているので、カナガンもこの点は安心と感じられます。

手触りはごく自然、人には臭いかも

開封するとカナガンの粒はドーナツ状でした。この形状は噛み砕きやすい形と言われていますね。

カナガンが子犬や小型犬でも食べやすいといわれる理由のひとつでしょう。

そして匂いですが、これは人には臭いと思います。チキンとハーブが使われていますが、その原材料がむき出しの匂いがします。

私は嫌悪感がありませんが、人によっては嫌だと思うかもしれません。でもこれが犬にとっては安全な証拠でしょう。

手触りはごく自然でべたつきがありません。これは扱う上でとても嬉しく感じます。

色がかなり濃いと感じますが、着色料が入っていませんから肉の含有量のせいでしょう。

粒の大きさは8mm程度

粒の大きさは約8mmで、縦にすると厚さ5mm程度です。

我が家の小型犬と超小型犬でもしっかり噛むことができそうで、喉に詰まる心配はないと思います。

大型犬はあっという間に食べてしまう大きさではないでしょうか。その場合は丸飲みしてしまう可能性があります。

大粒もあって選べるようになっていれば、もっと良い気がしました。まあオールステージでどの犬も食べれるようにするにはこの大きさが一番なんだと思います。

今までにない食いつき!あっという間にたべてしまった!

まず食欲旺盛すぎるミニチュアダックスのほうです。

先住犬なので序列のためにいつもこの犬からフードを食べさせるのですが、開封した時点で匂いに興奮してしまい、押さえるのが必死なほどカナガンを欲しがっていました。

人には濃い匂いですが、犬の嗅覚は良いほうに刺激するようです。

その点では強い匂いは長所といえるかもしれません。

給餌量を間違えて少し量が多かったのですが、あっという間に食べてしまいました。しかもまだ袋を漁ろうとする勢いです。

元々どのフードもよく食べる犬ですが、この食いつきのよさは初めてです。

 

次は食が細いトイプードルのほうです。

この犬の里親になって一年ですが、あまり食べなくて太らないので困っています。

この犬もいつもと違って匂いに興奮し、喜んで食器に駆け寄り、完食には至らないまでも3粒ほど残した程度で、すごい勢いで食べました。

残したのはやはり量が多かったからだと思います。

いつもはトイプードルにはもっと小さな食器を使っているのですが、食べ方を見るためにミニチュアダックスの食器を共用ました。

その結果、計量カップを使ったものの量を誤ったようです。

ミニチュアダックスはまだ欲しくてトイプードルを覗き込みにきたほど、カナガンを気に入ったようです。

 

里親になったときに歯周病がひどくて前歯が欠損していたことや、もともと超小型で口が小さいことで、ドライフードの多くを上手く食べれないトイプードルが、夢中で食べました。

カナガンのドーナツ状の粒は、そういうタイプの犬にもかなり食べやすいのではないかと思います。

カナガンの目に見える良い特徴のひとつと感じました。

与えて数日で便の状態と目の輝きが良くなっていく!

我が家は穀物を多く含む安物ドッグフードを与えていました。

そのため犬たちの便は黒っぽく粒が混じったザラザラしたもので、しかも大量で回数も多かったのです。

それがカナガンを与えて数日で便の状態がどんどん良好になっていきました。

粒が消えて滑らかになり、色も黒っぽいものではなく薄くなりました。

そして一日1~2回に回数も減り、量も安定しました。

粗悪なドッグフードを食べていると未消化で便の量が多く、良いドッグフードを食べていると消化吸収が良いために便の量が減るといいますが、本当のようですね。

今まで未消化の穀物を、ザラザラの便として全部排出していたということでしょう。

加えて良くなったのは、目の輝きです。

白内障気味でやや濁っていたシニアのミニチュアダックスの目が、若い頃のように輝くようになったのは驚きました。

これがカナガンと関係があるかどうかは分かりませんが、与えて数日で元気を取り戻したのは確かです。

これから与え続けてみたいフードのひとつ

他のフードとカナガンのフードを並べて、「どっちがいい?」と訊いてみると、愛犬たちはカナガンに突進して自分で開けようとします。

これからも与えたい、その価値があるフードと感じます。

激安フードではありませんが、一日に必要な給餌量は、今までの安いフードより少な目で済みます。

一回目は元のフードの癖でつい多めに与えてしまいましたが、その後はパッケージの表示通りに与えており、二頭が食いつきよく食べても急激に減っていく様子はありません。

コスパの点では長期的に見れば、まずまずというところではないでしょうか。

飼い主の私は食いつきと便で判断しているのですが、犬の腸内環境がきれいになっていくのは、まずとても良いことだと嬉しく思っています。

今では気に入って大量買いしています。愛犬たちも大喜び♪

↑プレゼント付き!↑

カナガンの成分から安全性を徹底評価

カナガンの成分分析と得点評価

気になるものは赤字で書いています。赤字がない場合は、気になるものは無いという意味です。

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

総得点 100点
4D(副産物) 無添加
人工着色料 無添加
人工保存料 無添加
穀物 無添加
人工添加物 無添加
塩・砂糖 無添加
酸化防止剤 ◎(ビタミンE)
ライフステージ 生後2ヶ月~
メイン食材 チキン
参考価格 3,960円/2.0kg
原産国 イギリス
カロリー 361.25kcal/100g

 

満点 減点数 個数 得点
4D,動物性油脂 25 5 0 25
赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号 25 5 0 25
保存料(ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、没食子酸プロピル、エトキシキン) 15 3 0 15
甘味料(ソルビトール、ビートバルブ、コーンシロップ、グリシジン・アンモニエート) 15 3 0 15
穀物(米、小麦、大麦、トウモロコシ) 10 2 0 10
食塩,砂糖 10 2 0 10
総得点 100

総得点:100点

添加物や穀物なし、犬に不安な材料なしで、高得点となりました。

 

栄養成分

タンパク質 33%
粗脂肪分 17%
粗灰分 9.00%
繊維 3.50%
水分 8.50%
カルシウム 1.86%
リン 1.42%
オメガ6 2.80%
オメガ3 0.90%
マグネシウム 0.10%
ナトリウム 0.24%
カリウム 0.58%

 

一日あたりの価格評価

成犬を参考とします

スクロールバーが出ている場合は横にスクロールできます⇒

給与量の目安と一日当たりの単価
体重 3kg 5kg 10kg 15kg 20kg 30kg 40kg 40~
給与量(/1日) 50g 100g 130g 180g 220g 300g 380g 450g
価格
(/1日)
99円 198円 257円 356円 436円 594円 752円 891円

↑プレゼント付き!↑

カナガンのおすすめポイント2つ

原材料はヒューマングレードで無添加

カナガンの原材料は、すべて人が食べられることを基準に選んだ「ヒューマングレード」であることにこだわっています。

人が食べられる素材を使っていることが基本ですから、犬にも安心であるといえます。

もちろん人工添加物なども入っていません。

酸化防止剤はビタミンEが使われているので安心です。

チキン50%以上のグレインフリー

カナガンの主原料はチキンで、その割合は50%以上です。

原材料の6割を動物性原材料が、残り4割を野菜やハーブが占めており、穀物が一切入っていないドッグフードです。

犬は穀物を消化しにくいこと、小麦などの穀物でアレルギーを起こしやすいことのですが、安いドッグフードの多くは主原料として穀物が入っています。

グレインフリーのカナガンは、犬の体質に合わせた安心できるドッグフードと考えていいでしょう。

 

カナガン気になる点2つ

匂いが強いので嫌な人がいるかも

カナガンは匂いが強めです。

自然素材のみ使っていて香料が加えられていないからといえますが、袋を開けた瞬間独特の匂いが立ち上ります。

犬を惹きつける匂いであることは確かですが、扱う人によっては使いづらいと感じるかもしれません。

チキンは良い素材だけどアレルギーに注意!ジャガイモも入っている!

カナガンにはチキンが多く使われています。

これは犬が喜ぶ良い素材ですが、チキンアレルギーの犬も少なくありません。

穀物や他の肉を主原料としているドッグフードから、カナガンに切り替えるとき、その犬が今までにチキンを使ったことがない場合は、一応注意して切り替えを進めたほうがいいでしょう。

また原材料の中にジャガイモもあり、ジャガイモでアレルギーが起きる犬も注意が必要です。

 

カナガンを与えた人の口コミと評判

【良い口コミ】

・食いつきがすごい

・小粒で小型犬にちょうどよくおいしそうに食べた

・身体が締まってきて便が健康になった

・フケが減って毛並みが良くなった

 

【悪い口コミ】

・臭くて犬も食べない

・まったく食べず見向きもしない

・価格が高い

・栄養過多で体重が急増した

 

食いつきには個体差があるようですね。匂いもやはり気になるようです。犬が見向きもしないというのは、犬が匂いを嫌ったということでしょう。

栄養価がかなり高いドッグフードなので、体重が増えたという口コミがあります。給餌用に注意しつつ与えても増えたのかどうかというのが気になります。

愛犬がよく食べてくれて便や毛並みの状態が良くなるなら、コスパもまずまずと考えてよいと思いますが、犬にも好みがありますからまったく食べてくれない場合はそうはいきませんね。

食べないかもしれないことを覚悟で試すには、コスト高かもしれません。

 

まとめ

 

カナガンドッグフードはチキンを使ったヒューマングレードの良質ドッグフードであり、多くの犬の食いつきがいいとされていて、便や毛並みの状態が良好になったと好評です。

実際に体験してみて、愛犬2匹は非常に食いつきがよく便の状態が良くなったということは実感しています。

一方で口コミを読んでいると、見向きもしないという犬もいるようです。

食べやすい形で小粒となっており、我が家ではよく食べてくれる一品となりましたが、高いことで続けられるかどうかは迷っています。

与えているうちに栄養過多にならないよう、給餌量にも注意が必要になりそうで、肥満犬には慎重になるべきドッグフードでしょう。

逆に痩せ気味の犬には「太る」という良い効果をもたらすようです。

トータルでは良いドッグフードであり、価格が気にならなければ与え続けたいフードです。チキンやジャガイモが合わない犬もいるので、食べた経験のない犬の場合は、ごく少量から切り替えることをおすすめします。

↑プレゼント付き!↑