FINEPET’S極ドッグフードを使用した本音の口コミ!安全性も評価

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード「極KIWAMI」は、FINEPET’Sドッグフードの最新商品でグレインフリーのドッグフードになります。

知名度が高く好評なFINEPET’S極を、実際に使用してみました!本音で感想を書いてみるね

あみちゃん

子犬くん

どんなドッグフードなのか気になる~

また原材料や成分を分析し、安全性を評価しながら、実際に愛犬に食べさせてみた人の口コミも挙げていくことにします!

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード極を愛犬2匹に試した感想

我が家の愛犬2匹、12歳9ヶ月のミニチュアダックスと5歳9ヶ月のトイプードルに、今回FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード「極KIWAMI」を食べさせてみました!

銀色のパッケージで英語表記ですが、裏面にはちゃんと日本語でも成分を書いてくれています。

餌のやり方やファインペッツ極の疑問点などが詳しく書かれている冊子が入っていて、これが結構役に立ちます。

匂いと手触りが気にならない

袋を開けると普段店や通販で買う、一般的なドッグフードとは違う匂いがしました。

付属冊子のQ&Aには「匂いが気になる」という声がありましたが、私はいつもローテーションで買う安いドッグフードの匂いのほうが気になります。

FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード「極KIWAMI」の匂いは、以前自然農法で作られたドッグフードをサンプルでもらったときと近いと感じました。

これを人によっては反対に匂いがきついと感じるかもしれません。個人差があるのでしょう。

 

手触りはシンプルにザラザラとしていて、手にべったりとくっつきません

オイルコーティングをしていない製法からでしょう。

犬にとって安心であることが一番ですが、毎日計量カップが油っこくべたつき、こぼしたフードを手で拾うときの嫌な感触と比べると、とても良い感じです。

粒の大きさは約8mmで、我が家の小型犬ミニチュアダックスにはちょうどいいと思います。超小型犬のトイプードルには少し大きいでしょうか。

逆に大型犬には物足りないかもしれません。

どちらの犬も食いつきよし!完食!

まずは肥満傾向のミニチュアダックスシニア犬に試します。避妊手術後に太り始めたことや、軽い疾患での運動制限が特徴ですが、普段から食欲がありよく食べます。

シニアのため付属の冊子の通り、量は控えます。

食器に突進し、あっという間に完食しました。

すごい食いつきの良さです。

この犬はもともと年齢を感じさせない食欲旺盛さを持ち合わせているので、新しいフードに興味を持ったのかもしれません。

 

次は食が細くていつもフードを残す、ガリガリに痩せているトイプードル成犬です。

いつもは食器にフードを入れても、気のない様子で半分程度食べて残してしまいますが、やはり食器に突進し、時間をかけて完食しました。

トイプードルに食べさせてみて、気になる点は粒の大きさです。

時間がかかるのはいつもと同じですが、完食するほど気に入ったのに超小型犬の小さな口には合っていないようで、食べるのに必死でした。

同じ超小型犬のチワワやヨークシャテリアなどにも、やはり粒が大きいのではないでしょうか。食べられないという大きさではなく、時間がかかるという程度です。

うちのトイプードルは一粒ごとに、食器から丁寧に外に出してゆっくり食べていたので、飲み込んでしまう心配はありませんでした。

大きすぎて食べられない場合には細かくするかお湯で柔らかくしてもいいと、冊子に書かれているので、トイプードルがあまりに食べにくそうだったり、ミニチュアダックスの老化が進んだりしたら、それも良いと思いました。

消化吸収の良さの表れ?いつもは大きすぎる便が出なかった

いつもは早朝に大きな便をするのですが、この翌朝どちらの犬も排便をしていませんでした。

消化吸収が良いと書かれているので、これは便秘ではないと思います。一般的に便の量が少ない方が良いドッグフードと言われていますよね。

いつも排便量が多いのは、我が家では穀物たっぷりのフードを与えていたために、未消化であったと常々考えています。便の臭いもかなりよくなかったのです。

いつもと違うドッグフードに切り替えた場合、トイプードルのほうはお腹を壊します場合がありますが、FINEPET’S(ファインペッツ)ドッグフード「極KIWAMI」ではそれが起きませんでした。むしろしっかり消化してしまったようです。

ミニチュアダックスは、肥満気味ということと年齢を考えて、冊子の注意書き通りやや減量して与えたところ、寝ている間お腹が鳴っていました。食べ盛りの犬やよく食べる犬には、量が足りないかもしれません。

値段が気になるけれど、これからも使ってみたい

長く使い続けるかどうかは、値段がネックになります。

 

犬たちは気に入っています。

そして飼い主としても匂いや手触りの良さは気に入っています。

 

給与量が少ないことで、高くても長期的には一日あたりの単価が多少安くなると期待できること、高い値段に見合う品質の良さを捨てきれないことで使いたいとは思います。

1.5kgを全部使いきる頃に、犬の便や毛並みがどう変化していくか、楽しみにしたいところではあります。

 

FINEPET’S「極KIWAMI」の成分から安全性を徹底評価

【総合評価チャート】

FINEPET’S「極KIWAMI」の成分分析と得点評価

FINEPET’S極に含まれている成分は、以下のとおりです。気になるものは赤字で書いています。赤字がない場合は、気になるものは無いという意味です。

フランス産アヒル肉、グリーンピース、鶏脂(天然由来成分にて酸化防止処理済み)、乾燥ポテト、オランダ産乾燥ニシン肉、全卵、アルファルファ、イナゴマメ、ビール酵母、鶏スープ、乾燥リンゴ、サーモンオイル(オメガ3、オメガ6)、亜麻仁油、乾燥にんじん、乾燥チコリルート、魚介抽出物、コンドロイチン、クランベリー、タウリン、ユッカシジゲラ抽出物

総得点 100点
4D(副産物) 無添加
人工着色料 無添加
人工保存料 無添加
穀物 無添加
人工添加物 無添加
塩・砂糖 無添加
酸化防止剤 ◎(ビタミンE)
ライフステージ 生後2ヶ月~
メイン食材 フランス製アヒル肉
参考価格 5,278円/1.5kg
原産国 オランダ
カロリー 415kcal/100g
満点 減点数 個数 得点
4D,動物性油脂 25 5 0 25
赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号 25 5 0 25
保存料(ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、没食子酸プロピル、エトキシキン) 15 3 0 15
甘味料(ソルビトール、ビートバルブ、コーンシロップ、グリシジン・アンモニエート) 15 3 0 15
穀物(米、小麦、大麦、トウモロコシ) 10 2 0 10
食塩,砂糖 10 2 0 10
総得点 100

総得点:100点

人工添加物や穀物、副産物など無添加で非常に素晴らしい得点となりました。

栄養成分

タンパク質 36%
粗脂肪分 20%
粗灰分 6.60%
繊維 2.80%
水分 8%
カルシウム 1.40%
リン 1%
オメガ6 6%
オメガ3 1.90%
DHA 1.74%
EPA 1.66%
グルコサミン 300mg/kg
コンドロイチン 100mg/kg

一日あたりの価格評価

スクロールバーが出ている場合は横にスクロールできます⇒

給与量の目安と一日当たりの単価
体重 2kg 3kg 4kg 5kg 7kg 8kg 10kg 12kg 15kg 25kg
給与量(/1日) 50g 65g 85g 100g 125g 140g 155g 190g 225g 330g
価格
(/1日)
176円 229円 299円 352円 440円 493円 545円 669円 792円 1161円

(幼犬6ヶ月の供給量で計算しています。シニアになれば同じ体重でも供給量は少なくなります。)

FINEPET’S極のおすすめポイント4つ

最高の原材料にこだわったヒューマングレード

FINEPET’S極の主原料に使用されているのは、フランス産のアヒル肉とオランダ産ニシンです。

これらがフード原材料の90%を占め、肉類原材料の割合が大変高い良質ドッグフードであるといえます。

犬は肉食であるためドッグフードには品質の良い肉類原材料が使用されていることが好ましく、FINEPET’S極はこの点において優れています。

また原材料のすべてがヒューマングレード、つまり人が食べることができるレベルの素材が使われています。

消化吸収率87%で給与量が少なくて済む

FINEPET’S極は大変栄養価が高い上に消化吸収率が高く、その数字は87%とされます。

このドッグフードの大きな利点は、一回の給与量が少なくて済むということです。

成犬で体重の1%から1.2%が適量、6kgの小型犬の場合給与量は72gと、他のドッグフードよりかなり少なめになります。

少量で十分な栄養が摂取できる、優れたドッグフードと判断できます。

関節炎を抑えるのに効果的と言われるコンドロイチンや、白内障を防ぐとされるタウリンも含まれていて、有効成分の面でも安心です。

犬に不要な原材料や添加物が入っていない!

肉類が90%を占める割合でグレインフリーであり、人工添加物や保存料も加えられていないので、犬に不要とされる原材料、不安に感じる添加物などが一切入っていません。

「〇〇ミール」と呼ばれる副産物も、もちろんまったく入っていません。

酸化防止に何かの処理は必要であるため、天然成分のビタミンEのみ加えられています。

全年齢全犬種OK

FINEPET’S極は超小型犬から超大型犬まで食べることができます。

また年齢もオールステージ対応であり、幼犬の離乳食の段階からシニア犬まで使えます。

犬種やライフステージごとに買い替えていく面倒さや置き場所を考えると、飼い主さんサイドにはオールステージタイプは大変助かりますね。

また離乳期から生涯使えるということは、安全性の表れであると考えてよいのではないでしょうか。

FINEPET’S極の気になる点2つ

高い!最初はお試しを利用する方法も

FINEPET’S極はかなり高価なドッグフードです。

良いとされていても最初から高額を覚悟で1.5kgを買って合わなければもったいない話です。

FINEPET’S極には初回お試しがあるので、まずそれを利用してみたほうがいいかもしれません。

格安であるお試しも本来の1.5kgが届きます。

良いとされているドッグフードが必ず愛犬の好みや体質に合うかは分からないので、最初から高すぎる定価で購入するのはあまりおすすめできません。

栄養価が高い分与えすぎると肥満になりそう?シニアにも減量して

栄養価が高く消化吸収率が高いことは長所ですが、愛犬の適量に注意しなければ、肥満の原因になりかねません。

給与量とされているのは目安であり、肥満になりやすい犬もいます。

そして目安の給与量そのものが、他のドッグフードの半分程度のため、犬がもっと欲しがるからとつい与えてしまうこともあるかもしれませんね。

給与量と愛犬の体重を比較しながら、適量を確認するようにしたほうがいいでしょう。

シニア犬にも減量して与えるようにと書かれています。

栄養価が高くて給与量が少なくて済むことと、犬それぞれが欲しがる量のバランスが取れないかもしれません。

減量して与えることで、犬が空腹に陥る可能性も考えられます。

FINEPET’S極「KIWAMI」を与えた、その口コミと評判

・食いつきがよく、排便、体臭など安定

・食いつきがよく便が安定した。継続して使いたい!

・お通じが良くなり、年齢がいっているのに毛並みも良くなった。

・これしか食べなくなった

 

食いつきがよく、お腹の調子や毛並みが良くなったという声がとても多いのに驚かされます。しかもシニア犬になってからFINEPET’S極を与えるようになり、それまでで一番毛並みがきれいになったという声もありました。

レベルの高い栄養成分を含んだフードに、飼い主さんも犬も満足している様子がよく伝わってきます。

まとめ

FINEPET’S極「KIWAMI」はヒューマングレードで、人工的なものは一切無添加、グレインフリーで製造されており、非常に優れたドッグフードといえるでしょう。

タンパク質も36%を大きく上回り、子犬からシニアまで、そして全犬種に合わせて作られています。

カロリーがかなり高めですが、これは前述のとおり給与量が他フードより少なく、体重ごとにどれだけ与えればよいか表示されています。

気になるのはやはり値段です。

やはり1.5kgで5,000円を超えるドッグフードというのは躊躇してしまいますね。

その分安全性は確実であり、長期的にはお得感はまずまずであると考えられます。

初回お試しを格安で本来の量を送ってくれるのは、必ず気に入ってリピーターとなるはずという、製品に対する良い意味の自信の表れといえるかもしれません。

駄目ならやめても惜しくない価格の、まずは初回お試しから、がよいのではないでしょうか。