マザープラスドッグフードの口コミ評判をチェック!原材料は危険じゃない?

(出典:amazon

 

マザープラスは国内産の原材料を使用し、国内で製造を行い、あくまで国産にこだわるドッグフードです。

マザープラスを販売しているアニマル・ワンからは『犬の雑穀ごはん』ドッグフードも出されています。

チキン味・ポーク味・まぐろ味の3種類があり、チキンは幼犬からシニア犬までのステージが用意されている使いやすさがあります。

マザープラスドッグフードの成分から安全性を分析し、実際に使った人の口コミや評判も挙げていきたいと思います!

あみちゃん

子犬くん

どの味もおいしそうだけど原材料や成分が安全かどうかってすごく大事だね

当サイトでのランク

マザープラスドッグフードは当サイトでCランクのドッグフードです。

⇒【S~Eランク】ランク別ドッグフードの一覧


⇒ドッグフードを適当に選んでいるならコレだけは読んで欲しい

口コミや総合評価については以下を参考にしてください。

マザープラスを実際に与えた人の口コミと評判

良い口コミ

  • 食いつきがすごくて犬が大好き!
  • これしか食べない
  • これ以外では体に不調が出てしまう
  • ベタベタしないし出汁のいい香りがする
  • 国産なので安心、気に入っています!

悪い口コミ

  • 信頼できるけど高い!
  • 高いからまとめ割みたいにしてほしい
  • 魚の臭いがきつい
  • 涙やけが悪化してしまった
  • 使っていくと粒がどんどん小さくなる
  • 開けたらボロボロだった

食いつきに関しては比較的好評で、犬が喜んで食べているという人が多いようです。

ただアレルギー症状なのか、涙やけが悪化したという声があります。

これは穀物を多く使っていることと関係はないのでしょうか。

個体差はもちろんあり、穀物にまったく反応を起こさない犬が多いとはいえ、少し気になる点です。

良い意味ではやはり国産であることにこだわる人が多いようです。

高価ではあるものの、健康第一と考えて国産のマザープラスを選んでいるようですね。

マザープラスドッグフードのおすすめポイント3つ

原料は人も食べられる素材を自然農法で

 

主原料となる肉は鶏肉が使われていて、一般的なドッグフードです。

また総合栄養食を標ぼうしているマザープラスには、野菜も多く含まれていて豊富な栄養素を吸収できるようになっています。

使われている野菜や穀物は減農薬か無農薬が基本であり、人間が食べられるヒューマングレードが徹底されています。

 

粗悪なドッグフードには、副産物が使われていることがありますが、マザープラスには4Dと呼ばれるそういった素材は一切使われていません。

原材料の肉も穀物も野菜も、すべて人の口に入ることを基準に育てられた素材で作られています。

オイルコーティングをしていない安心感

動物性油脂を使わず菜種油を使い、オイルコーティングをしていないことで、ドッグフード独特の臭いや油でべたつく手触りがないよう工夫されている点が、評価基準として高いといえるでしょう。

実はこれは、手がべたつかない、臭くないという配慮だけではありません。動物性油脂を使うことで、犬の皮膚アレルギーを引き起こすことがあり、菜種油を使用することでそのリスクを抑えることができるのです。

オイルコーティングをしていないドッグフード、マザープラスは、その点で大変安全といえます。

保存料が使われていない

マザープラスには人工保存料が使われていません。

香料や着色料も入っていない、人工添加物無添加のドッグフードです。

国産ドッグフードの多くには人工添加物が入っていることが多いので、マザープラスはその点安心といえるでしょう。

マザープラスドッグフードの気になる点5つ

穀物や豆が多すぎる!8種類入れる必要は本当にあるのか

玄米・小麦粉・大麦・ハト麦・もちあわ・もちきび・大豆・トウモロコシと8種類の穀物と豆が入っています。

これはどのドッグフードと比較しても、あまりに穀物が多いドッグフードです。

小麦粉やトウモロコシは特にアレルギーを引き起こす原因を作りやすい穀物ですが、必要かどうか疑問に感じる「もちあわ、もちきび」が加えられていることで穀物の割合が他ドッグフードに比べ、かなり多くなっています。

また玄ソバも入っており、これもアレルゲンとなる可能性があるため、厳密には9種の不安原材料が入っていると考えていいでしょう。

穀物を栄養素として重視し、グレインフリーの考えを疑問視して製造されているとはいえ、これだけ大量の穀物をドッグフードに入れる必要があるのか逆に疑問に感じるところです。

総合栄養食としては栄養価が低い

チキンのタンパク質は20%を切っています。

生後2ヶ月から使える総合栄養食としては、あまりにタンパク質量が少なすぎます。

肉の割合より穀物の割合が多いからではないでしょうか。

タンパク質は理想として、子犬で30%、成犬で25%とされています。

2~3%は甘くみても栄養成分としては支障ありませんが、これだけ低いと総合栄養食とは言い難いドッグフードです。

塩化ナトリウム添加

マザープラスドッグフードには塩化ナトリウム、つまり塩が入っています。

これはまったく必要なものではないどころか、ハイリスクな成分です。

塩分過剰により疾患を引き起こす可能性があります。

カットしてほしいところですね。

発酵調味液が入っている

発酵調味液も入っているドッグフードです。

発酵調味液は主に醤油やみりん、味噌などを総称したものですが、この名称だけを見ると何が入っているか分かりませんね。

塩化ナトリウムが入っている上に発酵調味液では、やはり塩分が心配です。

 

犬に不要な成分が入っている点では、安心感が少ないドッグフードです。

魚の内容が不明

原材料に魚とありますが、魚の種類がわかりません。

白身魚か青背魚かすら書いていません。

もちろん魚の名前は一切書いていないので、一種類か数種類かも不明です。

魚の種類によってアレルギーを起こす犬もいますので、この種類は明記が必要でしょう。

 

マザープラスの成分とその安全性を追求!

マザープラスには以下の原材料、成分が含まれています。

気になるものは赤字で書いています。赤字がない場合は気になるものはないという意味です。

【チキンの場合】

鶏肉、小麦粉玄米、魚、菜種油、大根葉、大麦、ごぼう、にんじん、しいたけ、キャベツ、ハト麦もちあわもちきび玄ソバ、白菜、高菜、大豆とうもろこし、パセリ、青じそ、ビール酵母、発酵調味液、ミネラル類(カルシウム、塩化ナトリウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅)、ビタミン類(B12、E、A、D、B2)

4D(副産物) 無添加
人工着色料 無添加
人工保存料 無添加
穀物 8種
人工添加物 無添加
塩・砂糖 塩添加
酸化防止剤 ◎(ビタミンE)
ライフステージ 生後2か月~
メイン食材 チキン生肉、小麦粉玄米
参考価格 2,700円/1.0kg
原産国 日本
カロリー 391kcal/100g

 

満点 減点数 個数 各項目点数
4D,動物性油脂 25 5 0 25
赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号 25 5 0 25
保存料(ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、没食子酸プロピル、エトキシキン) 15 3 0 15
甘味料(ソルビトール、ビートバルブ、コーンシロップ、グリシジン・アンモニエート) 15 3 0 15
穀物(米、小麦、大麦、トウモロコシ) 10 2 8 0
食塩,砂糖 10 2 1 8
総得点 88

総得点:88点

国産無添加を前面に押し出すマザープラスは上記の通り、人工的な有害成分は入っていないとわかります。

穀物が8種類入っているため、ここで大きく減点となっています。

栄養成分

タンパク質 19.8%
粗脂肪分 9.9%
粗繊維 0.5%
粗灰分 3.9%
水分 10.0%

 

 

 

まとめ

 

国産原材料で国内での製造にこだわるマザープラスは、国産品に期待する人から多くの信頼を寄せられています。

人が食べられる食材を使い、その安全性を追求するドッグフードという点では高基準といえるでしょう。

ただしあまりに穀物が多すぎて、穀物アレルギーのない犬でも何か体調不良を引き起こすのではという不安があります。

穀物を多種使う理由が「加熱処理されていれば犬は消化できる」という消化に特化した考えであるため、国産のマザープラスを使いたいと思いながら、穀物アレルギーの愛犬に与えられない人への配慮が足りないことは残念です。

安心な素材を使っているドッグフードなのですから、穀物を使わない種類もあればより安心感を得られるのではないでしょうか。

販売会社情報

販売会社 アニマル・ワン
住所 福岡県久留米市三潴(みづま)町田川32-3
電話番号 0942-51-6960