レトリバー用ドッグフードの正しい選び方と人気おすすめランキング

大型犬の中でもラブラドールやゴールデンというレトリバー種は室内で飼育できる家庭犬として人気が高い犬です。

温和で利口、人懐っこいという性格が好まれているため、多くの家庭で飼われるようになりました。

大型犬であるだけに、その特徴や体質に合ったドッグフードを与えることができているかというのは、特に気になる点ですね。

レトリバー種の体質などを踏まえて、どんなドッグフードを与えたほうがいいのか、一度見直してみませんか?

当サイトでおすすめできるランキングも挙げていきます!

レトリバー種に向いたドッグフードの選び方ポイント3つ

穀物を含まないグレインフリーフードを

レトリバー犬種で意外に多いのが、糖尿病です。

おやつなどを控えることは鉄則ですが、普段与えているドッグフードを見直してみてください。

大型犬種を飼われているご家庭に多いのが、大容量で格安の穀物中心のドッグフードを与えているケースです。

これがレトリバー種の糖尿病を引き起こす原因になります。

またアレルギーも起こしやすいので、穀物はカットしたグレインフリーフードを与えてください。

たれ耳で外耳炎などを起こしやすいため、アレルギーになりやすい成分は除去しておきましょう。

オメガ3&6が入っているのも良い

サラサラ成分のオメガ脂肪酸はレトリバー種に向いた成分なので、これが入っているドッグフードを選ぶのもいい方法です。

DHAやEPAが入っているドッグフードを選ぶのは、犬にとって悪いことではありませんね。

高タンパクフードで筋力をつける

レトリバー種には先天的に股関節形成不全を抱えている犬も少なくありません。

子犬時代に高いタンパク質で筋力をつけてケアすることで、この疾患がひどくなることを避けられる可能性があります。

また大型犬ですが室内飼育で、一般的なレトリバー種が必要とする運動量は不足している犬が多くなっています。

そのためレトリバーの飼い主さんには、愛犬の肥満に悩む方も増えています。

高タンパクフードは脂肪ではなく筋肉をつける働きのほうが強いため、肥満しやすい糖質や炭水化物の穀物フードよりおすすめです。

当サイトでおすすめできるレトリバーに向いたドッグフードトップ3は?

 

モグワン
カナガン

アカナ

レトリバーに良い高得点ドッグフード

名前 無添加グレインフリー カロリー タンパク質 当サイトの点数です
モグワン 344 28% 100
アカナ 351 31% 100
カナガン 361.25 33% 100
オリジン 394 38% 100
ネルソンズ 362 30% 100
FINEPET’S極 415 36% 100

まとめ

 

  • グレインフリーを選ぶ
  • オメガ脂肪酸も良い
  • 高タンパクフード

大型犬は丈夫そうに見えますが、ラブラドールもゴールデンも意外に弱い部分が多い犬です。

レトリバー種がかかりやすい病気をドッグフードで治すことはできませんが、体質を改善することである程度かかりにくくすることは可能です。

またアレルギーを起こす成分が入ったドッグフードを食べさせないことも大事ですね。

レトリバー種のドッグフードについてのQ&A

レトリバーにはは大容量の格安ドッグフードが楽でいいけど・・・

コストを考えると、10kg以上で格安のドッグフードを買ったほうが、レトリバーには楽ですね。

でもレトリバー種がどんな病気に弱いかを考えると、悪い成分を除去して良い成分が入ったドッグフードを選んだほうがいいでしょう。

 

そうすると1kg1,000円以下のドッグフードは除外されることになります。

プレミアムフードの中にはまとめ買いすることでの割引制度や送料無料制度があるフードがあります。

 

そういう制度を上手に使って、良いフードを愛犬に与えてください。

小型犬と一緒に飼っているけれど小型犬用のフードを与えていい?

小型犬に特化したフードには、かなり小粒のものが多いのではないでしょうか。

ラブラドールやゴールデンのようなレトリバー種には食べにくく、噛まずに丸飲みしてしまう場合があります。

大型の犬は小型犬よりむしろ腸が弱いことがあるので、レトリバー種に食べやすいフード、むしろ全犬種OKのフードのほうがいいでしょう。