オリジンドッグフードの安全性に不安は?口コミと原材料をチェック!

(出典:amazon

オリジンドッグフードは無添加でグレインフリー、最高級のドッグフードという評判です。

成分から安全性を評価しつつ、実際に使った人の口コミを挙げていきたいと思います。

全年齢用のオリジンオリジナルを調べて、良い点や悪い点、口コミ評判をチェックしまーす!

あみちゃん

子犬くん

成犬用オリジンオリジナルのパッケージには材料のイラストがいっぱいだね!おいしそう!

オリジンからは現在以下のラインナップが出ています。

【ドライドッグフード】

・オリジン パピー
・オリジン パピーラージ
・オリジン オリジナル
・オリジン シックスフィッシュ
・オリジン フィット&トリム
・オリジン  シニア
・オリジンレジオナルレッド
・オリジン ツンドラ

【フリーズドライドッグフード】

・オリジンアダルト

 

当サイトでのランク

オリジンドッグフードは当サイトでSランクのドッグフードです。

⇒【S~Eランク】ランク別ドッグフードの一覧


⇒ドッグフードを適当に選んでいるならコレだけは読んで欲しい

口コミや総合評価については以下を参考にしてください。

オリジンドッグフードを実際に与えた人の口コミと評判

良い口コミ

  • 好き嫌いが激しい犬がよく食べる
  • 食いつきがすごくいい
  • 毛づやがよくなった
  • 外耳炎が治った
  • 便の状態が良い
  • 国産や中国産でアレルギーを起こし下痢や嘔吐を繰り返していたので規制の厳しいカナダ産のこれに変えると体調がよくなった

悪い口コミ

  • 粒が大きくて食べなかった
  • 何か合わなかったのか分量が多くなると下痢をした
  • 匂いが強くて食べなかった
  • 大きすぎてふやかさないと食べない
  • 無理やり口に入れても食べないで吐き出してしまう
  • 高いのを買ったのに多頭飼いの全部が全然食べてくれない
  • 値段が高い
  • 粒の大きさにバリエーションがない
  • 口臭も便も臭くなったし食いつきも最悪
  • アレルギーが出て真っ赤になった
  • 多飲多尿になったのでこのフードをやめたら治った

食いつきの良さと悪さが極端に分かれるようですね。

また体調の変化も、アレルギーと思える症状が治った犬と逆に出た犬に分かれているようです。

評価の高いフードですが、犬の体質で合う合わないがあります。

高いフードなので合わない上犬の体調が悪くなるのは非常に残念なことですが、そうなってしまったら中断する以外ありませんね。

オリジンドッグフードのおすすめポイント4つ

肉類の含有率が高く高タンパク

全ドライフードを通し、肉類の含有量は85%となっています。

これは魚や卵も含まれていますが、メインを肉とした動物性素材であり、その含有量からオリジンは非常に高タンパクなフードです。

タンパク質は38%という高い数字であり、特にタンパク質を必要とする成長期の子犬から衰えていく体の機能をケアする必要があるシニアまで、すべてのライフステージに必要な高い栄養価が十分に含まれています。

原材料の内訳は、肉類85%、野菜・フルーツ・ハーブが15%、穀物やジャガイモは0%となっていて、理想的なバランスで栄養が摂取できます。

無添加ドッグフードのオリジン

オリジンは無添加ドッグフードです。

保存料も人工のものは使われていません。

天然のミックストコフェロールが添加されているため安心です。

栄養成分のすべてを食材で補えるように、肉や魚、野菜や果物、ハーブという新鮮な原材料が豊富に使用されています。

自然界に存在しないために摂取しにくいサプリメントである亜鉛のみが添加されています。

アレルゲンとなりやすい食材は除去されている

オリジンはグレインフリーです。

穀物は一切入っていません。

それだけではなく、穀物の代わりのように使われがちなジャガイモも除去されています。

野菜をふんだんに使っているドッグフードなので、イモ類を入れてもおかしくはないのですが、ジャガイモにアレルギーを起こす犬もいるので、あえてジャガイモも外されているのです。

アレルギー対策に配慮された安心できるドッグフードですね。

ラインナップが豊富で選びやすい

オリジンはラインナップが豊富で愛犬に合わせて選びやすいドッグフードです。

子犬、成犬、シニアに分かれていますし、子犬用でも粒の大きさが分かれています。

特に特に妊娠授乳期にも利用される子犬用の栄養分はパーフェクトと呼べるものであり、シニアまで切り替えながら生涯を通して使いやすいドッグフードです。

フードごとに材料が分かれている製品があるなど、ラインナップが多い中での優れた特徴を持つドッグフードです。

オリジンドッグフード気になる点5つ

豆は入っているので敏感な犬は注意

アレルゲンとなりやすい食材の多くは除去されていますが、栄養価を高めるためかつなぎのためか、豆は何種類か入っています。

豆にアレルギーを起こす犬もいます。

また大量に食べた場合は未消化になりやすい食材です。

丸ごと大量に食べることに対して慎重になるべき食材ですが、アレルギーの場合はわずかな量でも発症します。

豆を食べたことがない犬にオリジンを初めて使う場合は慎重に少量から始めましょう。

高タンパクが逆に合わない犬も

タンパク質が高いことは理想的なのですが、犬の体質によっては、それが合わない場合もあります。

涙やけを起こしたり、お腹を壊したりする犬もいます。

 

高タンパクフードのオリジンに切り替えて、こういった症状が出た場合、アレルギーではなければ、高すぎるタンパク質が合わない可能性もあります。

どちらにせよ、何かの症状が表れた場合には、病院に連れていって診察を受けさせてください。

高カロリーなので肥満に注意

カロリーがかなり高く、脂質も比較的高めです。

オリジンに切り替えたら、給与量をしっかり守って運動を怠らないように気をつけてください。

欲しがるままに与えて運動をさぼっていると、肥満になる可能性があります。

 

栄養価は高いのですが、余分な脂肪をつけないように飼い主さんが管理をしてあげましょう。

安価とはいいがたい

高品質ですが安いとはいいがたいドッグフードです。

品質が良いために「コスパは悪くない」と判断して買っている方が多いようですが、「続けられない」としてたまにしか使えない方も多いようです。

これだけの品質では価格が高くなるのは仕方ありませんが、買いたいのに手が出ないのは少々つらいですね。

アレルゲンの特定が難しいことも

複数の肉や魚が入っているので、万一アレルギーを発症したときに、何がアレルゲンか特定が難しいという面もあります。

今後のためにアレルゲンは知っておく必要がありますが、あまりにも原材料が多いので、何にアレルギーを起こしたのか分からないということになる原因になります。

さまざまな材料を使った手作り食を食べた経験があるなど、色々な肉や魚、野菜を経験してまったく大丈夫だった犬に与えるのは比較的安全ですが、単一の肉しか入っていないドッグフードだけを食べていた犬がオリジンにアレルギーを起こした場合は、特定が難しいのでオリジンを続けることは難しいでしょう。

オリジンドッグフードオリジナルの原材料と成分から安全性を徹底評価

【総合評価チャート】

オリジンオリジナルドッグフードの成分分析と評価

気になるものは赤字で書いています。赤字がない場合は、気になるものは無いという意味です。

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ 七面鳥レバー新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

 

総得点 100点
4D(副産物) 無添加
人工着色料 無添加
人工保存料 無添加
穀物 無添加
人工添加物 無添加
塩・砂糖 無添加
酸化防止剤 ◎(ミックストコフェロール)
ライフステージ 全ライフステージ
メイン食材 チキン
参考価格 5,832円/2.0kg
原産国 カナダ
カロリー 394kcal/100g
満点 減点数 個数 得点
4D,動物性油脂 25 5 0 25
赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号 25 5 0 25
保存料(ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、プロピレングリコール、亜硝酸ナトリウム、没食子酸プロピル、エトキシキン) 15 3 0 15
甘味料(ソルビトール、グリシジン・アンモニエート、ビートバルブ、コーンシロップ) 15 3 0 15
穀物(米、小麦、大麦、トウモロコシなど) 10 2 0 10
食塩,砂糖 10 2 0 10
総得点 100

総得点:100点

犬に不安と思われる原材料も添加物も入っていません。

素晴らしい高得点となりました。

栄養成分

タンパク質 38.0%
粗脂肪分 18.0%
粗繊維 4.0%
水分 12.0%
カルシウム 1.2%
リン 0.9%
オメガ6 3.3%
オメガ3 0.8%

 

まとめ

 

非常に品質の良いフードであり、それに見合う高価さですが、やはり犬によっては何か体調に異常が起きるということがあるようです。

高タンパクフードは栄養価が高い反面、犬に負担をかけてしまう場合もあります。

また原材料が多いので、それでアレルギーを起こしている可能性もあります。

匂いや粒の大きさで食べないという犬も多いようですね。

高評価で文句のつけようがないと思われるオリジンですが、手放しで愛犬が喜ぶ、愛犬に合うとは限らないとご理解の上で、「高いフードだけど試してみてもいい」というお気持ちで少量から慎重に、をおすすめいたします。

個人的には栄養価が高くて最高級のフードであると思いますし買いたい気持ちが強いのですが、我が家の愛犬に合うかどうか、もちろんそれは分かりません。

販売会社情報

販売会社 champion petfoods
住所 福岡市南区鶴田4-3-18
電話番号 0120-44-0923