ラム肉を使ったドッグフードの正しい選び方と人気おすすめランキング

 

ラム肉はアレルゲンになりにくい原材料として、ドッグフードに多く使われています。

チキンにアレルギーのある愛犬のために、ラム肉を使ったドッグフードを選ぶ飼い主さんも増えてきています。

ラム肉にはどのような長所があるのでしょうか。

それを少し考えてみませんか。

ラム肉を使ったドッグフードのメリットや選び方、おすすめのランキングなどを紹介させていただきます。

ラム肉をベースに使ったドッグフードの選び方ポイント3つ

できるだけラム肉だけが入っているものを選びましょう

低アレルゲンとしてラム肉を選んでいる人が多いのが、ラム肉人気です。

ラム肉が必ずアレルギーが起きないというわけではありません。

チキンやビーフなど他の肉にアレルギーを持つ犬の、除去食として選んでいるだけで、療法食としての肉ではありません。

でも他の肉が駄目でもラム肉でアレルギーを起こさないからと、食べさせるケースは多いですね。

ただラム肉を使ったドッグフードの中に、チキンなど他の肉が入っていることはあまり珍しくありません。

ラインナップが多数あり、ラムベース、チキンベースと選べるならいいのですが、ラムもビーフもチキンも入っている場合には、わざわざラム肉入りドッグフードをアレルギー対策に選ぶメリットがありません。

ラム肉だけが入っている製品がベストです。

穀物がゼロか少ないフードを!

ラム肉が少しで穀物が多い……そういう製品を選んでしまっては、ラム肉のタンパク質を摂取することができません。

また穀物に対してアレルギーを持つ犬もいるので、ラム肉でアレルゲン除去をしている意味がありませんね。

ラム肉を使っている上で、穀物が入っていないか、できるだけアレルゲン性の低い穀物を少量のみ使っているドッグフードを選ぶようにしてください。

製品のパッケージや公式でラム肉の含有量が分かれば一番よく、できるだけ数字が高い製品を選んでください。

ラム生肉を選んでください

ラム肉を使っていても、ラムミールやラム粉はできるだけ避けてください。

ラム肉の良さはアレルギー性が低いだけではありません。

高タンパクで低カロリーという栄養価の高い点にもあります。

また脂質が低く、肥満になりにくいという良さもあります。

愛犬の健康管理をするのに良い理由がいくつもあるのです。

それには質が良い生肉が使われていなければ、ラム肉ドッグフードを買う意味はあまりないといえます。

どの部位をどう処理したか分からないラムミールやラム粉は、栄養価が低いので避けるようにして、純粋なラム生肉を選んでください。

当サイトでおすすめできるラム肉を使ったドッグフードトップ3は?

 

1位 ジウィピーク

いくつかの製品の中から、単一動物素材が選べるジウィピークには、98%のラム肉を含んだラインナップがあります。

天然のラム生肉が含まれていて、無添加のドッグフードで文句なしの1位となりました。

2位 アディクション

アディクションにはラインナップが数種類あります。

ラムを使った製品には「チキン、穀物不使用」と明記されていて、チキンや穀物にアレルギーを持つ犬が安心して使うことができます。

ラム肉はホルモン剤やステロイドを使用していないので、安心して愛犬に与えることができます。

3位 ナチュラルドッグフード

3位にあげたナチュラルドッグフードは、単一でラムベースの製品が出ているドッグフードです。

ラム肉が55%使われていて、無添加という点で3位としておすすめさせていただきます。

唯一気になる点は、低アレルゲンとはいえ玄米や大麦という穀物が使われていることです。

アレルギー性は低い穀物ですが、穀物に敏感な愛犬には使えないので、注意してください。

ラムの質と含有量としてはとてもよいドッグフードです。

 

ラム肉を使った高得点のドッグフード一覧

 

名前 ラム チキン 当サイトの点数です
ジウィピーク なし 100
アディクション なし 100
ナチュラルドッグフード なし 94
キアオラ なし 100
ネイチャーズテイスト なし 100
アズミラ なし 94
アカナ △製品によりあり 100
イティ △製品によりあり 100
クプレラ △製品によりあり 96
ナチュラルチョイスニュートロ △製品によりあり 91
ピュアロイヤル △製品によりあり 91
ボジータ △製品によりあり 89

まとめ

ラム肉ドッグフードの選び方ポイントは3つです。

  • 肉素材でラム肉だけが入っているものがいい
  • ラム肉割合が多く、穀物ゼロか少ないものがいい
  • ラム肉は副産物ではなく栄養価の高いラム生肉がいい

ラム肉はアレルギーを起こしにくいだけではなく、高タンパクで低カロリー、脂質が少ないという優れた肉素材です。

そのメリットを損なわないために、3つのポイントに気をつけてラム肉ドッグフードを選んでください。

ラム肉ドッグフードについてのQ&A

ラム肉は絶対にアレルギーが起きない?

チキンに比べてアレルギー性が低い肉ですが、どんな原材料も絶対にアレルギーが起きないというものはありません。

どの素材でも必ずアレルギーを起こす犬はいます。

ラム肉ドッグフードを初めて与えるときには、まず少量から慎重に切り替えてください。

ラム肉でアレルギーを起こしにくい理由は?

犬の体質としてラム肉に対するアレルギーを持っている可能性が、チキンに対してかなり低いという意味で、アレルゲンとなりにくいといわれています。

そのためチキンにアレルギーを起こした犬が、ラム肉に切り替えてアレルギーが改善された例が多くあるということです。

生ラム肉をトッピングして与えたいけれど加熱したほうがいい?

生肉のほうが栄養が損なわれずにすむラム肉ですが、スーパーで市販されているラム肉は、鮮度の面で生のままはおすすめできません。

肉をトッピングして与える場合は加熱したほうがいいでしょう。

加工されているドッグフードを食べさせるほうが、安心と考えられます。